アラフォー突入から資格ゲット

アラフォーに入ってからなぜ資格取得を目指したのか?

 

販売士検定受験を決めるまでの話です。

アラフォー突入から資格ゲット記事一覧

「資格が欲しい…」そう思っておられる方はいませんか?実は私もその一人でした。履歴書に書ける資格といえば「普通免許」と「空手初段」くらい。将来に向け、転職や起業でキャリアアップを目指そうにも、身につけたスキルが貧弱すぎて躊躇してしまいます。私は販売業に従事しているのですが、店頭業務や接客販売など、日々のルーティンをソツなく、効率的にこなしてきたつもりです。不況で来店客も落ち込み、売上も前年比ダウンが...

ここで、私の経歴について説明を。昭和50年12月生まれ。いわゆる「ポスト団塊ジュニア世代」にあたります。18歳人口が多く、大学入試センター試験では、初の50万人突破を記録した年です。地元の私立大学では経済学部に在籍し、サークル活動では会計学を学んでいました。ゼミナールの専攻は「国際経済組織法」。話題の「TPP」は、まさに研究テーマです。当時は「GATT」から「WTO」に加入するまでの、日本の立ち位...

皆さんは、将来に対する不安はありますか?「将来への不安」=「景気回復への道筋が不透明」私には妻と子供が2人います。世帯年収350万円の一般的な家庭です。しかしながら、現在の不況下では増収も見込めません。ベースアップもゼロが何年も続いています。日本をはじめ世界でも緊縮財政の世の中で、景気はいつまでたっても上向きません。私は販売業に従事している為か、そういった「空気」を、肌で感じ取ることが出来ます。そ...

資格取得に大事なのは「やる気」です。毎日の仕事でも、壁や障害があれば乗り越えたいと思うものです。私の資格取得動機のひとつに「子供の成長」があります。リビングテーブルで宿題をしている長男を見て、ハッとしました。7歳の子供が勉強しているのに、35歳の大人は勉強せずにいいのだろうか…と吸収する能力は、天地ほどの差があるかもしれませんが、アラフォーでもやれるかな?と、自分を奮い立たせました。今では、同じ机...

いわゆる「勤め人」を大学卒業から13年間経験してきましたが、心の何処かで「もどかしさ」をおぼえていました。縦社会ですから、出る杭は打たれて当たり前。肩書きや人間関係が災いして、本来持っている能力を発揮できないまま、組織によって埋没されてしまっている人。「私ならこうするのに…」そう思っておられる方が、世の中にはたくさん居るはずです。そんな時にモノを言うのが「資格」。学歴よりもコネよりも、その人自身を...