【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

将来に対する不安

皆さんは、将来に対する不安はありますか?

 

「将来への不安」=「景気回復への道筋が不透明」

 

私には妻と子供が2人います。
世帯年収350万円の一般的な家庭です。

 

しかしながら、現在の不況下では増収も見込めません。
ベースアップもゼロが何年も続いています。

 

日本をはじめ世界でも緊縮財政の世の中で、
景気はいつまでたっても上向きません。

 

私は販売業に従事している為か、そういった「空気」を、
肌で感じ取ることが出来ます。

 

そこで、私は考えました。

 

まず「理論武装」しようと!

 

だからといって、資格に頼るというのは短絡的かもしれません。
資格取得が直接収入に結びつくわけではありませんから。

 

ただ、流通の仕組みが分かるか否かで、
家計の収支バランスを適正に保つことができ、
情報の誘導に惑わされずに済みます。

 

 

「モノ」の価値を生み出すことに長けている我々日本人。

 

 

人気の国産ハイブリッドカーは乗り出し価格で230万円ですが、
皆さん惜しげもなく購入しますよね?

 

「良いもの」を「適正価格」で購入することで、
はじめて日本経済が成り立つのです。

 

「安かろう」「悪かろう」の外国製品が跋扈していては、
いつまでたっても負のスパイラルからは脱却できません。

 

 

「販売士」は自分自身の知識、スキルのみならず、
取り扱う商品自体の「付加価値」を高めることができます。

 

景気回復のキーワードは「一億総販売士化」

 

生産者と消費者の需給バランスが合致して、
国内消費も活性化してくれたら言うことないですね。


 

 

将来に対する不安関連ページ

チャンスは今
経歴・職歴
学習への意欲、やる気