【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

受験資格

「販売士検定」の受験資格ですが、これといってありません。

 

 

国家資格の中には、大学卒業や実務経験が有無が条件など、
受験ハードルが高く、とっつきにくいのもありますが、
「販売士検定」は学生でも、社会人でも、主婦の方でも、
学歴や職歴を問わず、受験することが出来ます。

 

級種は1級〜3級まであり、比較的合格しやすい3級は、
小売業を志す学生や、新入社員向けといわれていますので、
最初は3級からということでも良いかもしれません。

 

 

しかし、本編ではあくまで「2級」の取得にこだわります。
それは学習内容が、3級のものと大して変わらないからです。

 

 

2級はある程度の実務経験を積んだ方向けの試験といわれていますが、
3級での基礎内容が理解できていれば、問題ないレベルです。

 

加えて、合格率も3級と同程度の50%前後。
それなら、初めから2級を目指した方が手っ取り早いですよね?

 

1級はというと、合格率10%前後の難関です。
高度なマネジメント能力が問われ、企業の経営者クラス向け。
面接試験もあり、2級とは趣が異なります。

 

いきなりチャレンジするのも良いですが、
合格できずに翌年2級に格下げするのは…プライドが許しませんよね?

 

 

これが「2級」にこだわる理由です。

 

 

いずれにしろ、自分の能力に応じて受験することが出来ます。
最寄の商工会議所で、受験内容についてのパンフレットや、
勉強会の案内など、目を通してみるのもいいですね。

 

商工会議所に居られる経営相談員の方も、
キャリアアップのために、力を貸してくれると思います。

 

 

流通業界は「ヒト」「モノ」「カネ」が重要です。
資格取得のノウハウや、独立開業時の資金調達の相談をすることで、
あなたの存在をアピールすることも出来ます。

 

 

それがステップアップの第一歩になるかもしれません…