【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

マーチャンダイジング

学習スケジュールの第2週、
「マーチャンダイジング」について説明いたします。

 

試験頻出度が高い必須項目は次の通りです。

 

 

@マーチャンダイジングのIT活用

 

「EDIによる一本化」
…それぞれの小売店間で、商取引のデータを一本化し、
ペーパーレス化を図ること。

 

「SCMの概念」
…商品の需要予測と自動補充の重要性について

 

それぞれを太枠で囲んで表を作成します。

 

「EOS」「POSシステム」「EDI」

 

それぞれの語句の意味について調べ、表を作成します。

 

 

Aプロダクト・ライフサイクルと仕入計画

 

「開発期」「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」
それぞれのステージ内容を把握し、表を作成します。

 

 

B消費財の分類と仕入計画

 

「最寄品」「買回品」「専門品」
それぞれの特徴をまとめ、表を作成します。

 

「ブランドロイヤルティ」「ストアロイヤルティ」
相違点を明確にして、表を作成します。

 

 

C戦略的商品計画の立案

 

「商品計画の展開に関する計算式」
…交叉比率の求め方。

 

粗利益率×商品回転率=粗利益高÷平均在庫高
公式を太枠で囲んで表を作成します。

 

 

D商品構成の階層

 

「グループ」「デパートメント」「ライン」「クラス」
「サブクラス」「アイテム」「SKU」
それぞれの特徴をまとめ、ピラミッド型の表を作成します。

 

 

E棚割表の作成手順

 

「売場レイアウト」「ロケーション」「プレゼンテーション」
「商品構成基準」「品ぞろえ」
それぞれの特徴をまとめ、フローチャート方式で表を作成します。

 

「ゾーニング」
…商品カテゴリーの関連性を考慮し、同時購買を促進。

 

「フェイシング」
…売れ筋商品などを目立つように展示。

 

それぞれを太枠で囲んで表を作成します。

 

 

F棚卸と在庫管理

 

「過剰在庫を抱えた際の問題点」
売れ筋商品と死に筋商品という用語を理解し、
問題点を調べ、表を作成します。

 

 

G商品回転率と単品管理

 

「商品回転率の数式」
…売価ベース=売上高÷平均在庫高(売価)
…原価ベース=売上原価÷平均在庫高(原価)
…数量ベース=売上数量÷平均在庫数量
公式を太枠で囲んで表を作成します。

 

 

H損益分岐点売上高の計算方式

 

「損益分岐点による必要売上高の計算」
…(目標利益+固定費)÷(1−変動費率)
=(目標利益+固定費)÷(1−変動費÷売上高)
公式を太枠で囲んで表を作成します。

 

 

IPOSシステムに関するポイント

 

「得られる情報」「運用上の留意点」「活用の3段階」
それぞれのポイントを箇条書きにし、表を作成します。

 

 

J経営分析の手法

 

「比率法」「実数法」それぞれを
「収益性分析」「安全性分析」の項目に分けて、表を作成します。

 

「ABC分析(パレート分析)」
…少数の事象が結果の90%を左右すると分析し、
重点項目とすることで効率的な管理ができる。

 

それを太枠で囲んで表を作成します。

 

 

「マーチャンダイジング」とは商品化政策のことです。
計算式なども多く、数字に慣れないと理解が難しい項目も出てきます。

 

しかしながら、出題パターンが決まっているので、
過去問を徹底的に解いていけば克服できると思います。