【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

ストアオペレーション

学習スケジュールの第3週、
「ストアオペレーション」について説明いたします。

 

試験頻出度が高い必須項目は次の通りです。

 

 

@発注システム

 

「EOSのメリット」を箇条書きにし、表を作成します。

 

 

Aディスプレイの方法

 

「前進立体陳列」「オープン陳列」「平台陳列」
「カラーストライプ陳列」「コーディネート陳列」
「ショーケースによる陳列」「サンプル陳列」「ハンガー陳列」
それぞれの特徴をまとめ、表を作成します。

 

 

Bインストアマーチャンダイジングの体系

 

「インストアプロモーション」「スペースマネジメント」
それぞれの特徴をまとめ、表を作成します。

 

 

C売場の効率を測る指標

 

「人事生産性」
…粗利益高÷総労働時間

 

「労働分配率」
…総人件費÷粗利益額

 

それぞれの公式を太枠で囲んで表を作成します。

 

 

Dディスプレイの目的と技術

 

「ゴールデンライン」
…商品に最も触れやすい位置(床から85〜125pの高さ)

 

太枠で囲んで表を作成します。

 

「補充型陳列」「展示型陳列」
それぞれのポイントと具体例を調べ、表を作成します。

 

 

E人的販売と接客技術

 

「待機」「アプローチ」「商品提示」「商品説明」
「クロージング」「金銭授受」「包装」「お見送り」
販売員の役割を、フローチャート方式で表を作成します。

 

「動的待機」
…軽作業をしながら、顧客行動の観察をすること。

 

「セリングポイント」
…購買決定に最も影響を与える点を、短い言葉で表現。

 

それぞれを太枠で囲んで表を作成します。

 

 

FOJTとOff JT

 

相違点を明確にして、表を作成します。

 

「ジョブローテーション」
…人材の育成をを考慮して、継続的・戦略的に
人事異動を行うこと。

 

「ロールプレイング」
…販売技術向上を目的に、顧客と販売員の役割を決め、
模擬販売を行うこと。

 

それぞれを太枠で囲んで表を作成します。

 

 

試験の中で最も実技に近いといわれる「ストアオペレーション」。
ショップスタッフの方には物足りない内容かもしれません。

 

しかし、ここで確実に得点できれば、
他の科目でのミスも挽回可能です。
気を抜かず、しっかりと理解するようにしましょう。