【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

問題集の活用方法

第1週から第5週までは、「マイノート」作成の手順について、
具体例を挙げて説明いたしました。

 

これからは、いよいよ実践練習です。
第6週からは過去問を使った学習方法について説明いたします。

 

 

前述の通り、問題集は「解説」が必須条件です。

 

 

解きっぱなしだと、習熟度が判定できません。
できなかったところを克服するには、復習が何よりも大事です。

 

それでは、実際に問題集を解いてみましょう。

 

試験時間は1科目40分です。
本番を意識して、時間配分を考えながら解きます。

 

初めのうちは問題の意味を理解するのが難しく、
思いのほか時間がかかると思います。
分からないものは飛ばすなど、多少の工夫は必要かもしれません。

 

尚、解答はテキストに書き込まないこと。
「マイノート」とは別のノートに、書いていきましょう。

 

1回分の試験問題が解き終わったら、その日のうちに採点。
書き込んだ数字を見て、正解ならば○を、
間違っていれば×を書き、横に正解の数字を書きます。

 

1項目50問のうち、35問正解で合格ラインです。
5週間の学習内容の成果で、難なくクリアできると思います。

 

それを5日間続けます。
そして第7週からは復習。
問題で×だったところの洗い直しをします。

 

そこで「解説」の出番。
×解答の横に、赤ペンで間違えた理由を書きます。
それで、問題の傾向と対策を肌で感じることができます。

 

重要語句の復習もここで。
「マイノート」と照らし合わせて書き足すことで、
図表のボリュームを増やしていきます。

 

これを1日1回分。
ひたすら赤ペンを走らせましょう。

 

そして、最終週は総仕上げ。
第6週で解いた過去問を解き直します。

 

このやり方で、間違いなく80%以上は得点できると思います。

 

そして「マイノート」の図表を色付けしたり、
デコレーションしたりしながら、じっくりと読み返してみましょう。

 

 

ノートの充実ぶりを見て、きっと自分に自信が持てるはず。

 

 

さあ、いよいよ試験本番です。
次章では、受験の注意点などを説明いたします。